今も愛されている任天堂のゲーム機「スイッチ」---2019年9月から新機種というか、CPUの性能を向上させた「省電力型」が発売されました。

ところがゲーム機本体の外観は殆ど同じ!! パっと見、新旧どちらか見分けがつきません。まぁ、外箱(化粧箱)は大きく違いますので、それを見れば見分けがつくのですが、修理依頼に来られるお客様は、通常「本体」だけしか持って来られない。こうなると本体のモデルナンバー、または分解して基板に記載された部品番号を見て判断するしか方法が有りません。

修理屋は、新旧の本体間で互換性の有る部品と無い部品を厳密に区別しなければなりません。同じような顔をした部品でも中の素子が違うと正常に働いてくれません。まぁ大丈夫だろう、は通用しません。

電話での問診時に新旧どちらのモデルかお聞きしますので、修理依頼の際にはモデルナンバー(機種名)を教えてくださいますよう、お願いいたします。

任天堂 Switchの修理について

学校の休校により子供さんたちが家にいる時間が増えたためか、ゲーム機の修理依頼を沢山いただいております。

中でも多いのが任天堂のSwitchの故障修理です。

残念なことに、Switchの部品の入荷が遅れていて、修理ができないケースが増えてきました。

原因は中国での生産が間に合わないこと及び、中国と日本の物流の滞りです。

いずれは解消すると思われますが、現在のところ、お客様のご要望にお応えできないケースが増えておりますので、ご理解をお願いいたします。

ストックの有る部品も有りますので、お気軽にお問い合わせください。

4月29日は営業します

暦の上ではゴールデンウィークが近づいています。

しかし、世の中は大変な時期です。 「休業」という言葉は、今では災いをもたらす言葉かもしれません。しかしスマホやタブレットは壊れることなく常に働いてくれなければなりません。

不幸にして、スマホなどのバッテリーが寿命を迎えたり液晶表示板のガラスが割れてしまったような場合に備えて、ケイコムは4月29日の水曜日は通常営業することにしました。そして翌30日を休日にさせて頂きます。

どうぞご利用ください。

 

ゲーム機の水濡れ故障

やっと梅雨が明けそうな気配になってきました。夏休みに入った学校もあるようですね。

自宅でゆっくりとゲーム機を使ってゲームを楽しむ下記も多くなってきた人も多いと思います。

その為か、最近増えて来たのがNintendo のスイッチやSONYのPSVitaと言ったゲーム機の故障です。故障と言っても、ゲーム機を「水浴び」させてしまった!!と言うケースが増えてきました。 ゲーム機の上にお茶やジュースなどの飲み物をこぼしてしまったというものです。精密電子機器は水分の侵入にはとても弱いものです。スマホなどはある程度の防水処理がなされていますが、ゲーム機は水気に対しては全く無防備です。

この写真は動作不良となったPS-Vitaの裏ブタを開けたところですが、大きな電池の左側のコネクター部分の一部が水分に侵されて錆びています。この機械ではこのような個所が広範囲にわたって見られました。全部分解してエタノール中で超音波洗浄しましたが、あちこちで腐食が進んでいて結果として再起動できませんでした。

飲み物を片手にゲーム機を操作することも有るかと思いますが、くれぐれもこぼさぬようにしてください。故障すると高いジュース代になりますよ。

 

 

 

iPhone7の修理【諏訪市より】

iPhone7を落としてしまい、ガラスが割れたと、ご来店いただきました。

フロントパネルの交換修理はそれほど難しいことではないのですが、一番注意を払うところはホームボタンの付け替え作業です。この部品の付け替え作業中に少しでもフレキケーブルに傷をつけますと、電話機全体の動作に大きな影響を与え、使い勝手が非常に悪くなります。「人間の目は突き出した脳の一部」と言われますが、iPhone6以降、特に7以降のホームボタンはiPhoneの頭脳直結の感じで、ここが壊れると再起不能です。くれぐれも大きな衝撃を与えないように。