今も愛されている任天堂のゲーム機「スイッチ」---2019年9月から新機種というか、CPUの性能を向上させた「省電力型」が発売されました。

ところがゲーム機本体の外観は殆ど同じ!! パっと見、新旧どちらか見分けがつきません。まぁ、外箱(化粧箱)は大きく違いますので、それを見れば見分けがつくのですが、修理依頼に来られるお客様は、通常「本体」だけしか持って来られない。こうなると本体のモデルナンバー、または分解して基板に記載された部品番号を見て判断するしか方法が有りません。

修理屋は、新旧の本体間で互換性の有る部品と無い部品を厳密に区別しなければなりません。同じような顔をした部品でも中の素子が違うと正常に働いてくれません。まぁ大丈夫だろう、は通用しません。

電話での問診時に新旧どちらのモデルかお聞きしますので、修理依頼の際にはモデルナンバー(機種名)を教えてくださいますよう、お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です